法要お返し トップへ 挨拶状・礼状 包装紙・掛け紙 初めての方へ お支払い 送料 お問合せ
一周忌・三回忌法要お返し まごころの形 一周忌・三回忌法要お返し お問い合わせ カートを確認
法要のお返し お支払い
法要お返し 感謝の気持ちを形に変えて
法要お返しTOP > 法要とは

法要とは

 

法要は、亡くなられた方の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う儀式です。
厳密に言えば、【法事】は 慶賀・祈願・報恩などを含む全ての仏教行事・儀式を指し、【法要】は 追善供養(死者の冥福を祈って行う供養) を指すという違いがありますが、現在では、法事と法要は同じ意味で使われる事が多いようです。
また、追善供養そのものを【法要】と呼ぶことに対し、追善供養に後席の会食までを含んだものを【法事】と呼ぶこともあります。



仏式では葬儀後「初七日」の儀式をはじめとして7日ごとの追善供養、四十九日法要、一周忌以降の年回忌法要などを執り行います。

法要の種類

行う時期

メモ

初七日
(しょなのか)
死後7日目 火葬後の遺骨迎えとあわせて行う事も多いです。
二七日
(ふたなぬか)
死後14日目

 

三七日
(みなぬか)
死後21日目

 

四七日
(よなぬか)
死後28日目

 

五七日
(いつなぬか)
死後35日目 忌明けの法要を行うこともあります。
六七日
(むなぬか)
死後42日目 (省略されることが多い)
七七日・四九日
(なななぬか・しじゅうくにち)
死後49日目

忌明けの法要を行います。
(満中陰ともいう)

百か日
(ひゃっかにち)
死後100日目

 

一周忌
(いっしゅうき)
死後1年目 以降は祥月命日に法要を行う
三回忌
(さんかいき)
死亡年を含めて3年目
(死後満2年目)

 

七回忌
(しちかいき)
死亡年を含めて7年目 七回忌以降は、少しずつ規模を小さくするのが一般的です。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
死亡年を含めて13年目

 

十七回忌
(じゅうしちかいき)
死亡年を含めて17年目

 

二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
死亡年を含めて23年目

 

二十七回忌
(にじゅうしちかいき)
死亡年を含めて27年目

 

三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
死亡年を含めて33年目 区切りの年忌法要。三十三回忌、五十回忌をした後、50年ごとに行う場合もありますが、ここで終了する「弔い上げ」が一般的です。
五十回忌
(ごじゅっかいき)
死亡年を含めて50年目

 

百回忌
(ひゃっかいき)

死亡年を含めて100年目

 

法要お返し お買い物について